コラム|【牛島歯科医院】熊谷市肥塚の歯科医院

時間
9:00〜12:30
14:30〜18:30

:月曜と金曜のみ19時まで診療
休診日:木曜・日祝

〒360-0015
埼玉県熊谷市肥塚585−3

  • 地図
  • メニュー

初期のむし歯は削らなくても治せる?

皆さんこんにちは。

牛島歯科医院です。

むし歯になると、必ず歯を削らなければならない
と思い込んでいる方は少なくないかと思います。

それはほとんどのケースで正しいといえるのですが、一部に例外があることも知っておいてください。

それは発生して間もない「初期のむし歯」です。

 

初期のむし歯の特徴

初期のむし歯の特徴としては、何といっても「歯の表面に穴があいていない」点が挙げられます。

歯に穴があいていないのなら、むし歯ではないのでは?と思われるかもしれませんね。

確かに、それは一理あるといえますが、歯の内部では「脱灰(だっかい)」と呼ばれる現象が始まっていることを見落としてはいけません。

脱灰とは歯が溶ける現象であり、初期のむし歯ではとくに「表層下脱灰(ひょうそうかだっかい)」と呼んでいます。

 

歯を再石灰化させることで治せる

表層下脱灰は、歯の内部が少し溶けだしている状態で、外から見ると「白いシミ」として確認することができます。

専門的にはこの病変を「白濁(はくだく)」とか「白斑(はくはん)」と呼んでいます。

そこにフッ素を塗布して再石灰化を促すと、むし歯の進行を止めることが可能となります。

何もせず放置すると、やがては穴があいて、後戻りのできないエナメル質のむし歯へと発展するため要注意です。

 

お口の中をチェックしましょう

初期のむし歯が気になる方は、まずお口の中をチェックしてみてください。

歯の表面に白いシミが認められたら、それは初期のむし歯かもしれません。

状態によっては経過観察で済みますが、フッ素塗布やブラッシング指導は受ける必要があります。

処置が遅れると、いよいよ歯を削らなければならなくなるので、できるだけ早期に受診することをおすすめします。

 

まとめ

このように、初期のむし歯は削らずに経過観察で済ませることができます。

けれども、むし歯が発生したということは、食生活や歯磨きの方法に問題があることを意味しますので、一度当院までご相談ください。

それ以上むし歯が進行しないよう、適切なアドバイスをさせていただきます。